【男性向け脱毛】皮膚科と専門クリニックの違いは?どちらが得か徹底検証!

メンズ脱毛
  • 「永久脱毛するのに脱毛専門クリニックはベストなのか?」
  • 「近所の皮膚科でも脱毛できるらしい」
  • 「一体どっちを選べば良いんだ?」

 

毛の悩みは女性だけではなく、男性の悩みの一つでもあります。

特に男性のヒゲは「朝に処理しても夕方には生えている」「青髭が濃い」「毛嚢炎、埋没毛による肌荒れが吹き出物が痛い」など多くのトラブルを引き起こす原因です。

この記事では脱毛を考えている男性の皆様向けに、皮膚科とメンズ脱毛専門クリニックの違いを比較し、どちらを選択するべきかの指標をまとめてみました。

【簡易表】皮膚科とメンズ脱毛専門クリニックの違い

簡単に表でまとめています。

クリックで該当コラムにジャンプすることができます。

VS
(クリックで詳細へ)
皮膚科 メンズ脱毛専門
クリニック
料金・価格 1回あたりは安め 1回あたりは高め
プランでかなり安くなる
脱毛可能部位 ヒゲのみのケースが多い 全身可能
(院の場所にもよる)
スタッフの技術 低め
細かな指示を伝えにくい
高め
ミス時の保証制度も
脱毛機器の種類 1種類がほとんど 数種類アリ。最新機器も
通いやすさ 距離的に近ければ良い 精神的な通いやすさがある
予約のしやすさ 取りやすい皮膚科も存在する 取りにくいケースあり

この記事でのメンズ脱毛専門クリニックと皮膚科の定義

まずは当記事での「専門クリニック」と「皮膚科」の違いを簡単に説明しておきます。

メンズ脱毛専門クリニックと皮膚科の共通部分

まず、共通事項として知っておいて欲しいのが、

どちらも医療機関であり、医療脱毛の実施が可能な病院になります。

「脱毛サロン」と呼ばれる医療機関外で脱毛する場所もありますが、脱毛サロンは医療脱毛に比べ、脱毛効果が低いのでおすすめしていません。

当記事で紹介している「脱毛専門クリニック」と「皮膚科」は同等の効果が期待できる脱毛プランを扱えるのです。

具体的には、出力の高いレーザー照射が可能な機器を扱えるということです。あくまで扱える・・・だけで全てのクリニック、皮膚科で同様の脱毛が行えるわけではないので注意してください。

メンズ脱毛専門クリニックとは|脱毛以外の医療を行っていない

メンズ専門として美容医療を行っている医院のことを指します。

ゴリラクリニックメンズリゼクリニック などが該当します。

脱毛を専門に扱う医療機関は全国規模で見ても、かなり数が少なく、都会の中心部の駅近くなどにしかありません。

特に男性向けに脱毛プランを提供するクリニックは少なく、ゴリラクリニックメンズリゼクリニック では数少ないメンズ脱毛対応クリニックになります。

またメンズ専門ではありませんが、 湘南美容クリニック なども当記事では、男性向けの多くの脱毛プランを扱っているため、脱毛専門クリニックとして分類しています。

ローカルな美容皮膚科では脱毛や若返り、整形などの美容に関する医療を扱っているので脱毛専門クリニックに入れたいところですが、男性向けのプランがほとんどないため、メンズ脱毛の候補として挙げれないため除外しています。

皮膚科とは|皮膚に関連する医療全般を行っている

脱毛以外でも皮膚に関連する医療を行っている医院のことを指します。

総合病院の「皮膚科」や近所の「〇〇皮膚科」などは全てこちらに該当します。

脱毛は皮膚関係のジャンルになるので、皮膚科では脱毛も行っているケースもあります。

ただし、皮膚科の全てが医療脱毛を取り扱っているわけではなく、ごく一部の皮膚科のみになりるのでご注意ください。

【どっちがお得?】メンズ脱毛専門クリニック VS 皮膚科

それでは具体的な比較に移りましょう。

専門クリニックによっての違い、皮膚科によっての違いはもちろんありますが、管理人が独自調査した結果、一般的に見られる傾向から紹介しています。

料金・価格は

  • 1回あたりの料金は皮膚科の方が安い
  • プラン料金になるとほぼ変わらない

メンズ脱毛専門クリニックでの1回あたりの料金は、皮膚科で脱毛を行っているクリニックより高い傾向があります。

しかし、ほぼ全てのクリニックでは「脱毛コース・プラン」があり、一回あたり割安でレーザー脱毛を受けることが可能です。

 

「5~6回分のプランを組むと後戻りできない感じがイヤ」

このような理由でためらわれる方も多いと思いますが、レーザー脱毛は毛周期の観点から5~6回は最低でも行ってもらいたい回数です。

つまり、専門クリニックのプランは、実質お客様が損をしないようなプランになっているのです。

また メンズリゼクリニック の全身脱毛プランは破格の安さです。このようにプラン・コース次第では、近所で安いと評判の皮膚科に比べても圧倒的に安く脱毛することも可能です。

1回あたりの料金は皮膚科の方が安いが、プランを組んだ専門クリニックの方が安いケースもある。

<<皮膚科とクリニックの違いまとめ表に戻る

脱毛可能部位|皮膚科はヒゲのみが多い

  • 皮膚科の男性脱毛は「ヒゲのみ」が多い
  • 専門クリニックでは全身が可能

皮膚科での男性脱毛といえばヒゲのみです。

実際に近所の皮膚科で聞いてみたところ、

「男性はヒゲ脱毛以外対応していません。」

「腕や足も対応できますが、男性のお客様は珍しいですね。」

との返答をいただき、とてもじゃないですが皮膚科で脱毛できる雰囲気ではありませんでした。

 

  • 「ヒゲ脱毛さえできればそれで良い」

そのように考える男性は多いと思います。かつての管理人もそうでした。

しかし、レーザー脱毛の効果を実感すると他の毛も脱毛したいと思う人は非常に多いのです。

私の場合はすね毛が濃いのが昔からのコンプレックスで、ヒゲ脱毛を体験するとその思いが沸々と湧き上がり、最終的に脱毛しました。

その時に以前通った皮膚科ではなく、新たに脱毛できるクリニック探しをする必要があったので面倒だったのと、プラン料金でもっと安くできたという事実に直面したのです。

 

  • 「ヒゲ以外にも気になる部分がある」

そんな人はよく考えて脱毛プランを練った方が良いかもしれません。

皮膚科のメンズ脱毛は「ヒゲのみ」が多く、ヒゲ以外の脱毛を検討するなら最初から専門クリニックに任す方が良い場合がある。

<<皮膚科とクリニックの違いまとめ表に戻る

スタッフの照射技術|専門クリニックが上。保証も良いケースあり

  • スタッフの技術は専門クリニックが上
  • 専門クリニックなら「打ち漏れ再照射」などの保証があるケースも

管理人の経験上、皮膚科よりも専門クリニックのスタッフの方が技術は上のケースがほとんどです。

皮膚科でレーザー照射を担当してくれるスタッフさんは、レーザー照射だけでなく他の仕事も兼任している場合が多く、悪い言い方をすると片手間で照射してるケースがあります。

特に男性の脱毛だけでなく、日頃は女性の脱毛の方が多いので、慣れないパターンも多いはずです。

対して、メンズ脱毛専門クリニックでは常に男性相手に脱毛を行っているので、非常に慣れた手つきで脱毛を勧めてくれます。

 

また、脱毛する際に「細かな指示が出しやすい」のが専門クリニックです。

ヒゲの脱毛してほしい部位を細かに伝えて再現するには、スタッフさんの協力・努力が必要です。特にデザインヒゲなどを希望される際はそうでしょう。

言いづらかったり伝わってなかったりすると、自分の思い描いていたヒゲと違って後悔することも。

ヒゲの永久脱毛は効果な上、一生モノになる可能性が高いので、絶対に失敗したくないですよね。

 

さらに、 メンズリゼクリニック では「打ち漏れ再照射」などの保証があります。

熟練したスタッフでもミスはつきものです。そんな時でもメンズ脱毛専門クリニックだからできる独自の保証制度が充実しているので、安心して脱毛することができます。
照射テクニックは専門クリニックの方が上。保証制度の充実も皮膚科を圧倒している

<<皮膚科とクリニックの違いまとめ表に戻る

脱毛機器の種類・性能は専門クリニックが圧倒

  • 専門クリニックでは数種類、性能の良い機器が準備
  • 皮膚科では1種類のみがほとんど

医療用のレーザー脱毛機種は1種類だけでなく、何種類か存在します。

もちろん1台1台特徴があり、最新の機種は素晴らしい性能を持っています。しかし、専門クリニックでは最新機種を含めた数種類常備されているのに対し、皮膚科では1種類がほとんどです。

医療脱毛機器は非常に高価なので、小さな皮膚科では簡単に買える値段ではないのが現状です。

つまり、現状で自分にあった脱毛機器で脱毛したいなら専門クリニックになってしまうのです。

 

例として メンズリゼクリニック の脱毛機器を見てみましょう。

左から順に

  • 熱破壊式ダイオードレーザー
  • 蓄熱式ダイオードレーザー
  • 熱破壊式YAGレーザー

と呼ばれる脱毛機器で、それぞれに特徴があります。

さらにゴリラクリニック湘南美容クリニック では「日焼けOK」「痛くない」「肌へのダメージが少ない」といった特徴のある『メディオスター』という最新機器が導入されています。

これらを個人の肌質に合わせて、脱毛によるやけど、増毛化・硬毛化などの様々なリスクを最小限に抑える事が出来るのです。

医師の判断元、最適な脱毛機器が選択される安心プランです。効果やリスクを考えると医療脱毛機器の種類が多いのは嬉しいポイントですね。

専門クリニックの方が、多くの人に合う脱毛機が準備されている場合が多く、効果を高めてリスクを軽減できる。

<<皮膚科とクリニックの違いまとめ表に戻る

通いやすさはケースバイケース

  • 距離的には近所の皮膚科が良いケースも
  • 精神的には専門クリニックの方が良い

脱毛をするためクリニックへの通いやすさも気になるところです。

最寄りの皮膚科で脱毛を行っているなら、距離的な通いやすさは一番でしょう。

しかし、男性の脱毛となると精神的なプレッシャーに耐える必要があります。特に地方やローカルな皮膚科だと、ひょんな事から近所の人にあったり、脱毛していることがバレたら恥ずかしくて仕方なく感じてしまうことでしょう。

専門クリニックであれば、顔を合わせづらいレイアウトがされている上、同じ脱毛を目的とした患者さんとしかいないので、精神的には安心して通いやすいです。

さらにゴリラクリニック であれば、女性の来院も一切ない、男性のみのスペースとなるので通いやすさはNo1ですね。

専門クリニックは主要都市の主要駅近くで開院されていることが多いので、アクセスも比較的簡単な場合が多いので、距離的な事を理由に皮膚科を検討している人は、本当に皮膚科で良いのか今一度検討してみましょう。

距離的には皮膚科が近くても、精神的には専門クリニックの方が通いやすい場合もアリ

<<皮膚科とクリニックの違いまとめ表に戻る

予約のしやすさ|皮膚科の方が取りやすい?

  • 専門クリニックは予約が難しい場合も
  • 皮膚科の方があっさり取れるかも

今までの比較をご覧になった方ならわかると思いますが、圧倒的に脱毛専門クリニックの方が優位ですよね。

しかし、「予約」に限っては皮膚科の方が優ている場合があります。

メンズ脱毛専門クリニックのレビューを見た時の悪い評価の多くは「予約が取りづらい」という意見です。

メンズ専用の脱毛機関は数が少ないため、どうしても人気が集中して予約が取りづらくなる傾向があります。毛周期に合わせた脱毛が大事なので、イライラが募る人も多いと言うわけです。

それに対して皮膚科では脱毛希望者が比較的少ないため、すんなりと予約を取れる場合があります。

かつて私もヒゲ脱毛で近所の皮膚科で脱毛した経験がありますが、平日仕事帰りの18:00くらいから脱毛していました。

平均的に前日に予約する事が多かったです。それでも予約可能でした。

このような柔軟さをメンズ脱毛専門クリニックで実現するのは難しいでしょう。人気がありすぎるという事が、逆に悩みのポイントになっているのです。

皮膚科の方が予約が簡単に取りやすいケースも。専門クリニックでは明確なプランが大事。

<<皮膚科とクリニックの違いまとめ表に戻る

【プチ情報】皮膚科が脱毛に力を入れない理由

メンズ脱毛を調べていると「どうして皮膚科は脱毛に力を入れてくれないのか?」と思う人もいるでしょう。

皮膚科の医者に聞いたところ「儲からないから」だそうです。

脱毛は自由診療なので保険は適用外ですよね。健康保険は3割負担で済むと考えると、

  • 皮膚病で3000円分の診療を受けた
  • レーザー脱毛で1万円分の照射をしてもらった

この2つのケースでの病院の利益は同じなのです。

医療脱毛で来院された方の滞在時間は、普通の診療で来られた方より長めになる為、利益面で考えると皮膚科にとって美味しいお客様ではないようです。

さらに、レーザー脱毛を導入する上で「機器などの設備投資」に加えて「レーザー脱毛できる人材の確保」が必要になってきます。

これだけでもかなりの負担になるのですが、近所の方が脱毛目的で来院しづらい事も大きいようです。

地元に根付いた皮膚科を目指している病院にとってはマイナス要素でしかありません。なので総合的に考えると小さな皮膚科での医療脱毛は普及しないのです。

 

ちなみにですが、今回お聞きした皮膚科の方は医療脱毛を行なっています。

理由をお聞きしたところ「面白そうだったし、それなりに需要があると思ったから」とおっしゃっていました。

個人的に医療脱毛機器に興味がおありだったようで、病院の利益を度外視して導入したそうです。

さいごに

メンズ脱毛において、皮膚科と専門クリニックの違いについて言及しました。

総合的に見るとメンズ脱毛専門クリニックがおすすめです。

しかし、場所や時間などの制約が多い人は、通える皮膚科を見つけて行く方が良い場合もあります。

人によってそれぞれなので、最善の選択ができるよう願っています。

私がまとめたおすすめクリニック3選の記事がありますので、よろしければ参考にご覧ください。

404 NOT FOUND | Stylish Time
男性向け脱毛・スキンケアなどの実体験ブログ