VIO脱毛

【肛門周りの尻毛の処理方法】準備するモノやベストな姿勢・体勢とは

VIO脱毛

肛門周りの毛は説明不要で鬱陶しいですよね。パッと見汚く見えるのはもちろんのこと、大

をした後の処理など、まさに不潔の根元です。(特に男性は共感してくれる人も多いと思います)

尻毛を剃りたいと思っても、部位が部位だけに剃るのが難しいし、どうやって剃るの?って思う人は多いと思います。

そこで、いろんな尻毛の処理を試した僕が、肛門周りの毛を処理するベストな方法をご紹介しましょう。

肛門周りの毛の処理で準備するもの

尻毛を処理するのに準備するものはたった2つ。

準備して早速ツルツルの肛門を手に入れましょう!!

カミソリ|フェイストリーマーがおすすめ

電動のフェイストリーマー

まず絶対に必要なカミソリです。

おすすめはI型の電動フェイストリーマーです。

  • デリケートゾーンでも優しく剃毛できる(曲線ブレード)
  • 電動なので無理に動かさなくても剃れる
  • フィンガーリングで手ぶれ防止

本来は顔の眉などに使われるモノですが、繊細にコントロールできる事や電動による剃毛力が肛門周りの毛を処理するのに適しています。

薬局やドンキホーテなど身近なところで売っており、手に入りやすいです。

もちろん、Amazonや楽天などの通販でも購入することが可能です。

1,000円から1,500円と比較的お安いので、購入した方が懸命かと思います。

T字のカミソリでの剃毛はおすすめできない

  • T字の部分が当たって細かい処理ができない
  • 手動なので産毛の剃り残しがあった
  • 今後のヒゲ剃りに使いづらい

↑実際にやってみた感想です。まともに処理できないし、カミソリ一本損することになります。

化粧鏡

一般的な化粧鏡

ご自身の肉眼で肛門周りの毛を見ることは至難の技です。よっぽど体が柔らかくないと見ることはできないでしょう。

そこで利用するのが化粧鏡です。

実際に剃毛するときはこの鏡を見ながら剃毛していくことになります。

鏡に映すことで剃りづらさはありますが、そこはフェイストリーマーがカバーしてくれるので問題ありません。

肛門周りの尻毛を処理するベストな姿勢

おすすめの姿勢・体勢は『四つん這いで股下から失礼します(勝手に命名)』です!

超恥ずかしいが、一番剃毛効率が良い

股下から鏡を見た風景

この四つん這いの姿勢が最強です(笑)

股下から手を通して鏡を見ながら剃毛します。鏡と四つん這いによって上下左右が反転しているので最初は戸惑うかもしれませんが、結果的に一番剃りやすかったです。

 

ちなみにですが、正面から化粧鏡を見て剃毛するのはおすすめできません。

写真のような体勢だと、剃毛したいOラインが地面に接してしまっているため、Iラインまでしか見えません。

頑張って足を上げればOラインまで見えなくはないですが、姿勢が不安定なため剃毛はおすすめできません。

人にもよると思いますが、尻毛は比較的柔らかくて薄い毛が多いので思ったよりあっさり剃毛できます。

まずは、力を入れずに撫でるように剃毛してみると良いでしょう。

肛門周りの尻毛の剃毛効果は?どのくらい持続する?

剃毛前は3~4cmくらいの毛がありました。

1ヶ月たった現在は再び生え始めていますが、5mm程度といったところです。

 

5mm程度では排泄物の絡みなども一切感じることがなく快適に生活できます。

Oラインの毛はヒゲと違って成長速度が遅いので、一度剃毛するとその効果は数ヶ月持続します。

しかし、しっかりした尻毛が生えている人にとっては、剃った後にチクチクする場合が多くて不評も多いのが現状です。

尻毛の剃毛すれば、あの不快感から100%解放されるワケではなさそうです。

剃毛以外での尻毛の処理方法とおすすめ度

尻毛を剃毛しても快適な生活をゲットできない人に、その他の処理する方法も紹介しておこう。

尻げを抜く

おすすめ度:1.0

仕上がりは綺麗で毛根からなくなるので効果は長続きするが、生えてき始めると剃毛時と同じくチクチクしたりする。

一番怖いのがうまく生えてこなくて、膿んでしまう事。痒かったり痛かったりとロクなことにならないのでおすすめしない。

除毛クリームを使う

おすすめ度:0.0

毛を溶かすクリームだけど、刺激が痛すぎて絶対にやめておいた方が良い。

素直に剃毛した方が仕上がりは綺麗ですし、クリームのヒリヒリ感だけ残る最悪の結果になる。

脱毛する

おすすめ度:4.0

クリニックやサロンで脱毛してしまうこと。

実は僕もクリニックでVIO脱毛したので、尻毛を剃毛することは一切していません。

効果は高いんだけど、アナルにレーザー照射される痛みや恥ずかしさに抵抗を感じたり、お金もウン万円単位で必要なので星4つ。

尻毛の剃毛で解決しないなら脱毛するしかない

肛門周りの尻毛を剃毛する方法を紹介しました。恥ずかしい体勢ですが一番剃りやすいと思います。

また、剃毛してもチクチクしたりお尻が荒れてしまう人には『脱毛』してしまうのがおすすめです。肛門周りの脱毛は、排泄物の絡み防止や介護時のために脱毛する人が多い、人気の部位なんです。

実は僕も1年半かけてVIO脱毛しちゃったので、今は尻毛の剃毛をすることはありません。

快適な生活を手に入れたい人は一度検討してみてはいかがでしょうか。

VIO脱毛のおすすめ記事
タイトルとURLをコピーしました